生徒が主体で進めるブッククラス

英語が上達するには、インプットはもちろん、

たくさんのアウトプット(発話)が必要で。

そのためには、従来の学校の授業のような

先生が一方的に教えるものではなく

生徒が声を出していくレッスンが必要です。

 

ここ数年「アクティブラーニング」という言葉が

多く聞かれるようになり、それを知ってからは

このスタイルでレッスンを進めようと実践してきました。

 

年始最初のブッククラスでも、生徒主体のレッスン。

低学年のアルファベットの音を練習中の生徒は

高学年の生徒が先生になって「POP!」というゲームを

進行してもらいました(^-^)もちろんEnglish Only!

 

中学年の生徒はSight Wordを復習中。

こちらも高学年の生徒がリードしながら

みんなで、お互いに読めるもの読めないものを

チェックして教え合いながら単語を覚えてもらっています(^^♪

 

私が一方的にフラッシュカードで教えながら

リピートするのも効果がないわけではないですが

集中がきれてしまうと、なんとなく声を出しているだけになってしまうし

長くやっていると飽きてしまう(-_-;)

 

生徒主体だと自分達で何が出来て何が出来ないのかを

自覚しながら、自分から声を出していって

友達とワイワイ楽しく進められるので、なかなか覚えが早いです!

 

このブッククラスに限らず

通常クラスでも、話し合ったことを発表をしたり

みんなで教え合ったりとアクティブラーニング的に

レッスンをしているからか、小学校が違っても

学年や性別が違っても、みんな下の名前で呼び合い

レッスンが終わったら、みんなで遊ぶほど仲良し♪

だから更にレッスンも和気あいあい♡

 

そういうクラスは、本当に成長が違うので

年度が替わってクラスが変わっても

アクティブラーニングレッスンで

いい雰囲気のクラスを作っていきたいと思います☆

無料体験予約はこちらから