絵本で「is」と「are」を考える

先日のブッククラス、

引き続きCTP絵本「The World in a Supermarket」で

外国からくる食べ物について学習中です(^-^)

 

この絵本で3回目のレッスンなので

ほとんど全員が本読みクリア、

なかには暗唱クリアをする子も出てきました☆

1冊をじっくりと精読するのも

たくさんの本を読む多読と並んで大事なことです!

 

本の内容は、しっかりと頭に入ったので

今回は、ちょっと違った方向のお勉強。

絵本の中に出てくる食べ物をつかって

「数えられる名詞・数えられない名詞」について。

絵本の中の文章では、食べ物によって

「is」のものと「are」の使い分けがされています。

 

この決まりをみんなに発見してもらうため

みんなに出てくる食べ物の絵を描いてもらって

絵の違いについて考えました。

なんで1つって言われたのに絵に違いが出るのかな?

 

文法の説明しなくても

その絵の違いを見て、本の文章を見たら

「is」と「are」を使う場合が自然と分かったようで

「そういうことか!」と、みんな納得でした(^_-)-☆

 

絵本を上手に使うと文法の勉強もできます♪

難しい文法用語で教えるのではなく

自分たちで決まりを発見しながら学ぶので

納得できて忘れにくくて、そしてクイズみたいで楽しそう!

 

今年度も、あと半分。

7冊の絵本をクリアしてきたブッククラス、

後半も、たくさんの発見をしたいと思います♡

無料体験予約はこちらから