■ 中級クラスで身につく3つのこと


1.本読みに欠かせないフォニックスのルール

「dog」は「ディーオージー」ではなく「ドッグ」なのは何故でしょう?

この謎を解くルールがフォニックスです。

2年間をかけてルールを学び、絵本の音読を練習することで

自分で絵本が読めるという自信を育てます。

フォニックスを習得すると中学の英語教科書の70%が初見で読めるといわれています。

 


2.自分のことを英語でスピーチする力

教材を使って自分のことを英語でスピーチしたり

友達にインタビューをしたり、スキット(寸劇)の発表をしたりと

たくさんのアウトプットの機会を通じて「自分のことを英語で話す力」を身につけます。

 


3.自分で学ぶ力

私たち、親の世代は、学校英語ではフォニックスは習っていないので

本読みのお手伝いが難しくなってくるのですが、低学年で習慣を作り

フォニックスを習得することで、1人でも本を読めるようになります。

自分で読める→出来てうれしい→もっと読む、といういいループを作り

1人でも音読をして基礎力をつけていく「自分で学べる子ども」を育てます。

>> 使用している教材はこちら

 

 2020年度 中級クラス 募集概要

【曜日と時間】

木曜日(レベル1) 16:30~17:20

金曜日(レベル2) 17:30~18:20

【場所】 三原文化会館 (苅田町富久町1-19-1)

【募集人数】 6名

【月謝】 6,500円(税込)

【教材費】 5,500円(税込)

 

無料体験予約はこちらから